印鑑の効力と信頼性

判子は、実印・銀行印・認印など種類は様々ですが、100円ショップで買った判子でも、シャチハタでも、実印でも、法的な効力に差は無いということです。民事訴訟法の第228条4項には、「私文書は、本人又はその代理人の署名又は押印があるときは、真正に成立したものと推定する」とされており、どのような判子を使うかは規定されていません。サインか押印があれば、その文書はお互いの合意の元、正しく作成されたものと推定されます。

これでは簡単に書類の偽造ができますし、逆に契約者がシラをきる事もできます。仮に書類を偽造されたとしても、自分が判子を押していないことを証明すれば覆すことができますが、これでは判子を押すことに何の意味もありません。だからこそ、銀行印や実印が必要となってくるのです。銀行では、登録されている印鑑と判子の印影を比較し、本人であることの確認を行なっています。実印は、印鑑証明と組み合わせることで、本人であることの非常に強力な証拠となります。

つまり、判子の効力は同じでも、信頼性が全く違うということです。その為、重要な契約では必ず実印と印鑑証明が求められます。実印と印鑑証明が揃っているのに、「自分が契約したのでは無い」と言い張ることは難しくなりますから。しかし、信頼性が劣るといっても、法的効力は同じです。シャチハタを押した横に本人のサインがあれば、普通の認印だけ押印する時よりも信頼性が増してしまいます。どのような場合でも、判子を押すときは書類をよく確認し、注意して押印するように気をつける必要があります。

● 実印を使った1番大きな買い物は住宅です。住宅ローンの比較サイトはこちら! ・・・ 住宅ローン